循環型物流のウインローダー ~輸送、倉庫、エコ回収、環境リサイクル

バックナンバー
(毎月15日更新)

2016年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
02月
01月
2014年
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
02月
01月
2013年
11月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
01月
2010年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2009年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
2008年
12月

実践 5Sのチカラ!

ウインローダーでは5S活動を推進しております。5Sとは、整理・整頓・清掃・清潔・躾のことです。物や情報の5Sをすることで、業務を円滑に進め、お客様により良いサービスを提供ができると考えています。

ここでは、毎月1回、5Sの改善事例を紹介して参ります。

2012年4月

東村山センター

■5Sで効率化が出来たところ


①アームロール車で運ぶバケットに荷物
を積んだ時に被せる幌が破れ、積んだ
荷物が零れ落ちる危険性がありました。


①幌を補修することにより、荷物が零
れ落ちるのを防ぐと共に、破れ具合が
酷くなるのも防ぐことが出来ました。

リサイクルショップ

■5Sで効率化が出来たところ


①絵画などを飾り、春らし
く軽やかな雰囲気のキッズ
コーナーとしていました。


①陳列品を変え、ブランドサンダル
の試着コーナーとし、外から見て
も一層明るいお店創りをしました。


②陳列品は生活雑貨がメインで、御客様
がベビーカーを押しながらでも商品を
自由に選べるコーナーとしていました。


②家具とアパレルコーナーを分け、
アパレルを食器と組み合わせること
により新風を吹き込んでみました。


③おしゃれな家具の中にバッグを展示
し、コーディネートは「春からいけ
るマリンスタイル」で仕上げました。


③家具とアパレルを分けましたので、家具
目当てのお客様をターゲットとして、純粋
にカントリー調家具コーナーとしました。


④長期間に亘り、ブランド服
だけが際立つように吊り下
げ方式で陳列してきました。


④徐々にブランド服が増えて
きましたので、その専用の
コーナーを新設しました。


⑤主に、気軽に手に取り
やすい小物類を陳列し
ていたコーナーでした。


⑤生活雑貨が大量入荷しましたので、
生活雑貨コーナーを拡大し、レ
イアウトを劇的に変更しました。


⑥入口前は家具の安売りを
大きくアピールだけのコ
ーナーとしていました。


⑥洋家具と和家具を分け、和
家具を陳列することで『アジ
アンコーナー』としました。


⑦今年1月にシートを張り直
した後、主に通路としての
機能を果たしていました。


⑦生活雑貨の大量入荷に伴い、レイアウ
ト変更と陳列棚新設により、一層多くの
商品を陳列できるように工夫しました。

■新しいムダに気づいたところ


廃パレットを倉庫に保管していても何も生
まず、逆に費用となっています。生産性を
構築できるスペースへと活用しましょう。


大型トラックから荷下ろしを行った直後
の保管状況です。種類ごとに保管し、今
後しっかり在庫管理していきましょう。

西多摩支店

■5Sで効率化が出来たところ


①使用していた液晶モニターが旧式
である為、くすんで、見にくい状況
にあり、交換の時期にありました。


①社内で余っている液
晶モニターに交換し、
問題を解消しました。